メーカーによる半導体電子品の違いについて教えます

今の現代社会において、そしてこれまでの社会の発展において、半導体電子品は欠かす事ができないものです。「半導体」とは、金属のように電気をよく通す「導体」と、ゴムやガラスのように電気を通さない「絶縁体」の中間的な性質をもっており、この特性を利用して、電流を一方向にのみ流すダイオードや、電気信号の増幅や流れを高速でスイッチングするトランジスタなどの電子部品を作る事ができます。なかでも最大の功績はコンピュータ性能を飛躍的に高めた事です。小型で高度な情報処理が可能になり、その後のパソコン時代の到来となりました。現在ではパソコンにとどまらず携帯電話や電子マネーなどあらゆる分野で半導体電子品は欠かせない物となっています。半導体電子品にはいくつかのメーカーがありますが、ここではメーカーによる特徴や違いについて説明していきたいと思います。

各メーカーにはどのような半導体電子品があるのでしょうか

半導体電子品を作るメーカーはどのくらいあるのでしょうか。半導体電子品だけでなく家電やパソコンなどの機器そのものを作っている、多くの方も必ず聞いた事がある大手メーカーをはじめ、半導体電子品など機器の内部の部品を作っているメーカーも多くあり、主なメーカーで10社ほどあります。半導体電子品は景気に大きく左右される事があり、近年ではスマートフォンの普及により需要の中心がパソコンからスマートフォンにシフトしています。メーカーもこの数年で経営破綻や経営統合などの動きが見られます。ICチップを載せてプリント基板と電気接続する役割を果たす樹脂部品を生産したり、スマートフォンの高機能、薄型化に伴い極小化技術を磨いたりと、メーカーごとに特色が見られます。

半導体電子品のメーカーの今後はどうなる?

日本の半導体電子品のメーカーは、日本国内だけでなく、世界規模でそのシェアを誇っています。現在世界のスマートフォンのシェアの5割を担うアメリカや韓国のメーカーの機器内にも日本の各メーカーの製品が多く使われています。そのため、半導体電子品のメーカーは日本国内の情勢はもちろんですが、世界情勢によってもその需要は大きく変わってきます。スマートフォンの今後の高機能化や薄型化に合わせて各メーカーも開発を進めています。スマートフォンに続き、今後はあらゆるものがインターネットに繋がるIoT化が世界中で進むと考えられています。IoTには必ず何かしらの半導体電子品が使用されますので、IoT分野が拡大すると比例して半導体電子品の需要も高まります。景気や情勢に左右される半導体電子品の各メーカーですが今後もその動向に注目が集まりそうです。