メーカー別半導体電子品の取り扱いについて説明します

最近の半導体電子品は湿気やガス、機械的破壊など破壊につながる要因が数多く存在します。よってあるメーカーでは、電子品に与える衝撃を最小限にするために、運搬方法に応じて梱包も十分考慮しています。収納ケースをビニールやポリフォームなどでしっかり包み、それをダンボールに入れて耐震吸収のための詰め物をしてからガムテープや紐で包むという方法がとられていますが、状況によってはそれだけでは不十分です。船便な場合は、船の揺れ、雨水など外部からの相当な悪影響が予想されますので、真空梱包や密閉容器なども併用します。もちろんダンボール以外の包装であっても、静電気・ワレモノ・水漏れ・天地無用の外装表示を行い、運搬業者にも注意喚起をします。内装にも防湿剤を必ずいれ、包装開封後は指定期間以内に使用するよう管理してもらいます。このような対応を各メーカーで行っているということです。

半導体電子品におけるメーカーの様々な特徴

半導体電子品部門で有名なメーカーは、様々な面で特徴を持っています。例えばメーカーAは素材にこだわります。導電性高分子材料、圧電材料、磁性材料など独自の材料技術をベースとして、家電・医療・福祉などの分野で多彩なソリューションを展開します。またメーカーBは人と社会と地球を考え、ものづくりから循環型社会の形成を目指します。DBA(高信頼性絶縁回路基板)というハイブリッドカーに搭載されているもの、熱線カット塗料という自動車や建築物の窓ガラスに使用される塗料、太陽電池用ターゲットなどの環境技術型製品が国内外から高く評価されており、今後を大いに期待されています。メーカーCはLED製品に特化しています。こんなLED製品を作りたい、LED製品を作りたいがどうしたらいいかわからない、そんな顧客の悩みを開発・設計・製造・販売まで行うことで全て解決します。半導体部品企業は常に進化し続けます。

メーカーも注目の最新半導体電子品

メーカー各社で注目を浴びている半導体電子品を2つ紹介します。ひとつは主に演算や記憶を行う半導体に対して、電力の制御や変換をするものでパワーデバイスがあります。インバータにパワーデバイスを組み込むことにより、IC(集積回路)よりも多くの電圧、電流を扱うことができます。日常の生活の中で欠かせない家電製品に電子レンジ、液晶テレビ、炊飯ジャー、エアコンなどがあります。また、ハイブリッドカー、新幹線、燃料電池や風力発電などにもインバータが使われており、その中ではパワーデバイスが活躍しています。もうひとつはMEMS(メムス)です。MEMSは様々な製品を超小型化することに貢献しています。プロジェクタのデジタルマイクロディスプレイやプリンタヘッド、加速度センサー、圧力センサーなど、各種センサーがその一例です。また、今後は医療用としても応用されることで期待が高まっています。