初心者向けに半導体電子品メーカーを詳しく比較してみました

2011年の日本の半導体電子品のメーカーは、世界生産額が約4兆7千億円ほどであったにもかかわらず、日本では約3兆4千億円というとても好調な生産額となりました。日本は内製率が高く、作るのに必要な材料から製造装置にいたるまで内部で製作をおこなっていて、材料なども強みであるため、海外の国が似たものを模倣し作成することも難しいのです。そして日本のメーカーはユーザーや顧客への提案力もあるため、さまざまな面で他の寄せ付けない強さがあります。アメリカの半導体メーカーは景気のよさにのって、顧客への気遣いもなく価格の高騰をのぞみ、稼ぐことに力を入れています。それに比べて、日本は顧客重視であると言えるでしょう。今後も半導体電子品を扱うメーカーは、内外ともに強さを身につけるでしょう。

半導体電子品メーカーはそれぞれ特徴をもっています

半導体電子品のメーカーはかなりたくさんありますが、そのなかでいくつかご紹介しますと、独自の素材を開発する力を持ち、高密度デバイスを製造する力をベースにした素材型デバイスを創造している株式会社トーキン、そして三菱マテリアル。三菱マテリアルはユニークな技術で、人と社会と地球のために創造し続ける企業で、株式会社喜多製作所は、お客様の立場に立った仕事を大切にしています。そして、お客様の立場に立った仕事をしようという株式会社喜多製作所は、コンタクトスロープのプロ集団です。LEDのプロフェッショナルと言われるブライト株式会社は、LED製品をサンプルから提供してくれます。半導体電子品を扱うメーカーはそれぞれ特徴があり、得意な分野がありますので、ネットなどで検索してみてください。

半導体電子品のサイクルの速さに対応

半導体電子部品はとてもライフサイクルの早い製品なのです。そのために電子機器を販売したり、使用したりしている企業などでは生産を中止した場合に、部品を調達できなくなるではといった心配もしています。航空機や医療機器などの大掛かりな精密機器は決して短期で入れ替えるものではないので、とくにこの問題を深刻にとらえています。日本には多くのパーツを検索することができる検索サイトが存在します。そのサイトからはいくつかのメーカーの部品の代替品や互換品などを調達することができ、メーカーの商品を比較することができるようになっています。あくまでも顧客を意識した運営は日本の半導体電子品メーカーの在り方であると言っていいでしょう。互換品を提供することでまた新たに発展していく業界であると考えます。