半導体電子品とは何かをメーカー別に解説します

半導体とは、金属のような電気を通す「導体」と、ゴムなど電気を通さない物質の「絶縁体」とがあり、その中間の性質を備えたシリコンなどの物質が半導体にあたります。それぞれ半導体電子品メーカーにおいても、一般的には、半導体そのものを指すわけでは無く、ダイオードや、トランジスタ等で構成される回路を集積したIC(集積回路)などを総称したものを示しています。ICは、パソコンや携帯電話を始め現在の生活を支えている多くの電化製品、あるいは交通や通信などの社会インフラに、欠かせない存在となっています。半導体技術の進歩によりシステムの効率化や小型化、省エネ化がされています。安全で快適な生活を実現することはもとより、地球環境にも負担軽減になります。すなわち、半導体とその進歩は、現在の生活を支え、豊かな未来の創造も担い、現代のテクノロジーになくてはならないものです。

豊かな社会の実現や、社会の発展に貢献している半導体電子品のメーカー

A社は、あらゆる関わりのある人々から信頼される企業を目指し、ハイテク・ソリューションを使用して価値創造を基本とした事業活動を通じて、社会の進歩発展に貢献する、B社は、先進的な半導体ソリューションを作り出すことによって、新しい世界観を推し進め、誇りを持ち信頼されるブランドを築くことで、より安全で健やかな暮らしを支えることができ、環境にも優しいスマート社会の実現に貢献する、C社は、最先端の技術と確かなサービスで社会の発展のため貢献するというような理念を持っているメーカーが半導体電子品を作っています。これらの理念からもわかるように、それぞれ半導体電子品メーカーは、社会の進歩や発展に役立つ技術の開発を社会的使命と位置づけ豊かな社会の実現を目指しています。

国内外多数の半導体電子品メーカーが存在します

半導体市場規模は2017年1月から3月期約1000億米ドルで、そのうち約半分はトップ10の企業で占められています。トップ10の半数が売上高40億米ドルを超えており、10位のメーカーでさえ19億米ドルに達しています。この期間の売り上げ順位は、1位海外A社2位海外B社3位海外C社・・・8位国内D社というようになっており、国内では1社のみがランクインしています。1993年時点の売り上げ順位では、1位海外A社、2位国内E社、3位国内D社というようにトップ10内には日本メーカーが6メーカー入っていました。半導体業界の現状としては、世界的な景況感の回復、スマートフォン向けの需要が旺盛であること、車載用製品の需要が伸びていることなどで、世界半導体売上高は過去最高と予測されており、日本の半導体電子品メーカーは再編を活発化し、遅れをとる海外勢に対し巻き返しを狙っています。